Vimeoとは? YouTubeとの違いやメリット・デメリットを徹底比較!

この記事は7分で読めます

Vimeo(ヴィメオ)

動画配信のためのプラットフォームと言えば、世間的にはYouTubeが圧倒的な人気を誇っていますが、私の中ではもう一つ有力な動画配信サービスとして Vimeo(ヴィメオ・ビメオ)が存在しています。

VimeoもYouTubeと同じように動画投稿を行うことができ、世界中に配信できるプラットフォームですが、YouTubeとはサービスの性質がかなり異なっています。

大きく異なる点は、YouTubeは無料で動画投稿ができ、かつ、収益化審査にクリアすれば誰でも広告収入を得られるチャンスがある一方で、Vimeoは有料の動画配信サービスだという点です。

つまり、Vimeoで動画配信を行おうと思ったら、基本的には動画投稿者側がお金を支払ってVimeoを利用することになります。

 

この話だけを聞くと、VimeoよりYouTubeのほうが圧倒的にメリットが大きいように感じるかもしれませんが、実はVimeoにはVimeoの良さが存在します。

実際、私自身はYouTubeもVimeoもどちらも使って動画配信を行っており、どちらのサービスも利用しているからこそビジネスからの利益を最大化することができています。

そこで今回は、YouTubeでも動画投稿を行っており、数年前からVimeoもずっと有料契約をしている私が、両者の違いを比較し、どういった場面でどちらの動画配信プラットフォームを使うべきかについて解説していきます。

Vimeo(ヴィメオ・ビメオ)とは

Vimeoは2004年11月からサービスを開始したアメリカ発の動画共有サイトです。

YouTubeのサービス開始が2005年であることを考えると、実はVimeoのほうが古くから始まっている動画配信のプラットフォームということになります。

ちなみに、Vimeoの読み方は「ヴィメオ」です。

 

「ユーザーが動画を投稿し、視聴者がその動画を見る」という大枠だけを見れば、YouTubeと全く同じように思われるかもしれませんが、実際はVimeoとYouTubeは全く別の性質を持った動画配信プラットフォームです。

このため、自分が動画配信を行う目的を明確にし、両者のメリット・デメリットを考慮した上で、どちらのプラットフォームを使って動画配信を行っていくかを考えることが重要です。

 

VimeoとYouTubeの違いを徹底比較

VimeoとYouTubeは主に5つの点において違いが存在します。

それぞれにメリット・デメリットがありますので、自分自身がどんな目的で動画配信を行うのかによって、動画配信のためのプラットフォームを使い分けていくのが良いでしょう。

 

動画配信プラットフォームとしてのコンセプト

VimeoとYouTubeではそもそものコンセプトが異なっています。

多少は私の解釈が入っていますが、YouTubeは「誰でも気軽に動画投稿を楽しめる動画配信プラットフォーム」です。

そもそもYouTubeは、創業者が「ホームパーティーの動画を友人に共有したい」と考えたことからサービスが始まったとも言われています。

それもあって、非常にカジュアルな動画からプロ仕様の本格的な動画まで、さまざまな動画が投稿されています。

 

一方のVimeoは「映像作家や映画監督、クリエイター、デザイナーなどがクオリティーの高い映像作品を公開する場所」というコンセプトで運営されています。

実際にVimeoの中を見てみると、非常にクオリティーの高い映像作品が投稿されている事が分かると思います。

 

ユーザー数の規模

どちらのサービスも最新の公式発表数字は公開されていませんが、圧倒的にYouTubeのほうがユーザー数が多いのは間違いありません。

これは日本人のほとんどが「YouTube」を知っているけれど、「Vimeo」については読み方も分からなければ、聞いたこともない人がほとんどであることからも明らかです。

YouTubeのユーザー数は全世界で15億人以上とも言われていますが、Vimeoに関してはおそらく1億人もいないのではないかと予想されます。

正確な数字は分かりませんが、動画投稿者の数も、視聴者の数も、YouTubeのほうが圧倒的に多いのは確かです。

 

動画の拡散性

1本の動画をより多くの人に見てもらえる可能性が高いのはVimeoよりもYouTubeです。

これは利用者数・視聴者数が圧倒的にYouTubeのほうが大きいからです。

視聴する人の数が多いということは、バズった時や世間のトレンドに乗れた時の爆発力が大きくなるということです。

「より多くの人に自分の動画を見てもらいたい!」と考えるのであれば、VimeoよりYouTubeのほうがお勧めです。

もし、自分が投稿した動画を広く世の中の人に見てもらいたいと思っているのであれば、こちらのノウハウを学んでYouTubeへの動画投稿をやっていきましょう!

 

動画投稿者側の金銭的な負担

YouTubeは誰もが好きなだけ動画を投稿できる動画配信プラットフォームです。

極論、1日に何本動画をアップロードしてもいいですし、チャンネル上の動画数が1万本でも10万本でもいいわけです。

そして、YouTubeが何よりも凄いのは、これらの動画投稿が完全無料でできる点です。

 

一方のVimeoでは動画投稿を行うために動画投稿者は利用料金を支払う必要があります。

Vimeoの価格一覧

 

プランによって、使える機能や1週間で投稿できる動画容量の制限が異なっており、一番安いプランでも月々700円の利用料がかかります。

そして、月々2,000円のプランであっても1週間で20ギガまでしか動画をアップロードできない制限があります。

ある程度のお金を払っていても、Vimeoは制限なしで動画をアップロードさせてくれるわけではなく、アップロード制限がかかっているのです…。

 

Vimeoがプロ向けの動画配信プラットフォームだと言われる理由は、こういった利用料金にあるのでしょう。

Vimeoからすれば、こういった利用料金を設けることで「本当にクオリティーの高い映像作品だけを投稿する本気のクリエイターだけに利用して欲しい」という意思を示しているのだと思います。

 

また、1週間当たりのアップロード容量制限に関しても、一つ一つの作品を丁寧に作った上でアップロードして欲しいので、こうした制限をかけているのだと思います。

アップロード制限がないと、YouTubeのようにスパマーが無価値な動画をどんどん投稿することができてしまいますからね。

この辺からも、Vimeoの動画配信プラットフォームとしてのコンセプトが見えてきます。

 

そう考えると、無料で無制限に動画投稿をさせてもらえて、かつ、再生回数に応じて広告収入までもらえるYouTubeはやはり凄いメディアだと思います。

そんなYouTubeへ動画投稿をすることで、広告収入を得たい場合はこちらの無料メール講座もチェックしてみることをお勧めします。

 

動画視聴時の広告表示

YouTubeは無料で動画投稿・動画閲覧ができる代わりに、動画視聴時に再生前や再生中、再生後に動画広告が表示されます。

しかし、Vimeoは視聴者が動画閲覧時に広告が表示されることはありません。

先ほど説明している通り、Vimeoは動画投稿者側からお金を受け取ることで事業として成り立っています。

 

YouTubeに関しては直接的に視聴者がお金を支払っているわけではありませんが、“広告を視聴する”ことによって、間接的に視聴者がYouTubeへお金を利用料を支払っているような形で事業が成り立っています。

つまり、VimeoとYouTubeは同じ動画配信プラットフォームでも、ビジネスモデルが異なっているのです。

 

Vimeoには無料プランも存在するが、あくまでもお試し的な位置づけ

Vimeoは基本的に動画投稿者がお金を支払って動画投稿を行うプラットフォームですが、一応、無料でアカウントを作って動画投稿を行うこともできます。

「Vimeo Basic」というプランが無料プランにあたり、その内容は下記のようになっています。

・アップロード容量は週に500MB、総容量アカウントは 5GBまで。

・無制限の帯域幅のVimeoプレーヤー

・基本的な埋め込み設定

・動画の基本統計データ

・変換された動画ファイルのダウンロード

・動画のパスワード保護とその他の基本的なプライバシー設定

・一日につき、10本の動画アップロード

・チャンネル1個、グループ1個、そしてアルバムは3個まで作成

引用:Vimeo ヘルプセンター ベーシック メンバーシップ

 

色々な機能制限がかかっている事が分かると思いますが、最も厳しいのは「アップロード容量は週に500MB、総容量アカウントは 5GBまで」という制限です。

最近は高画質動画が当たり前になってきているので、1本の動画で500MBを超えることはよくあります。

そう考えると、週に500MBの制限は動画をアップロードする容量としてはあまり実用的ではないのです。

仮に、なんとか動画の容量を500MB以内に抑えられたとしてもアカウントにアップロードできる総容量が5ギガバイトと少ないので、多くの動画をアップロードするのには適していません。

 

このため、Vimeo Basicは本当にお試しとして利用するものであり、Vimeoで動画投稿を行う場合、基本的に有料プランに入るのが必須だと言えます。

無料プランは、あくまでも機能や操作性を確かめるために使うものであって、本気で動画投稿を行っていくためのプランではないです。

 

限定公開動画を配信するなら圧倒的にVimeoがおすすめな理由

ここまでの内容を読んでいただくと、YouTubeにばかり大きなメリットがあり、Vimeoにはデメリットしかないように感じられるかもしれません。

しかし、VimeoにはYouTubeには存在しない圧倒的な強み・メリットが存在します。

それは限定動画の公開に関する機能が非常に充実している点です。

 

YouTubeにも動画の限定公開機能は存在していますが、非常に簡易的な機能となっています。

実際は限定公開動画のURLを知っている視聴者が、第三者にその動画のURLを教えてしまえば、誰でも限定公開動画を見られるようになってしまいます。

 

一方、Vimeoは動画自体にパスワードをかけることができたり、特定のドメイン内でしか動画を再生できないようにしたりできます。

限定公開動画の機能がとても充実しているのです。

動画自体にパスワードをかけておけば、動画のURLが流出してしまってもパスワードを知らない第三者はその動画を閲覧することができません。

 

特定ドメイン内でしか動画を再生できないように設定できる機能とは、例えば、aaa.comに作成したWebページにVimeoの動画リンクを埋め込んだ時に、「この動画はaaa.comというドメイン内の埋め込みプレイヤーでしか再生させない」といった設定ができる機能です。

ページのソースを見ることで、VimeoについてもWebページに埋め込んだ動画URLを抽出することはできてしまいます。

しかし、その動画のURLを誰かがばら撒いたとしても、再生することはできません。

なぜなら、その動画は「aaa.comのドメイン内でしか再生できない設定」になっているからです。

 

このように、Vimeoは限定動画の公開に関する機能が圧倒的に優れていますので、そこにメリットを感じる人や企業にとっては非常に使い勝手が良い動画配信プラットフォームなのです。

 

Vimeoを使うメリットがあるのはどんな人か?

会員向けサービスや有料コミュニティを運営している人や企業にとって、Vimeoは非常におすすめです。

理由は、先ほど解説している動画の限定公開機能が優れているからです。

 

例えば、月額の有料会員サービスを運営していたとして、会員だけが閲覧できる会員向けWebサイトを作ったとします。

この時、会員向けサイト内でのみ動画を閲覧できるような設定にしておけば、有料会員以外に動画を閲覧されてしまうのを防ぐことができます。

 

例えば、会員向けサイト自体にパスワードをかけておき、動画自体は会員向けサイトのドメイン内でのみ閲覧できる設定にしておけば、たとえ退会者が出たとしても、その退会者が会員向けサイトにアクセスできないようにすればいいだけです。

これが退会者が出るごとに、すべての動画で閲覧用パスワードを変更する・・・といった作業をしていたら、いくら時間があっても足りません。

この辺は少しマニアックな話かもしれませんが、Vimeoは限定公開動画に関する機能が充実しているので、クローズドコミュニティでの動画コンテンツ配布において非常に役立つという点だけ覚えておくと良いでしょう。

 

私がYouTubeだけでなく、わざわざお金を支払ってまでVimeoにも動画投稿を行っているのは、まさにこういった理由からです。

一般的に広く広めたい動画に関してはYouTubeで投稿し、有料会員やコンサル会員などクローズドな方々向けに動画を提供する場合はVimeoに投稿する。

これがYouTubeとVimeoの正しい使い分けであり、両者のメリット・デメリットを加味した上でのベストな使い方だと考えています。

 

動画投稿でお金を稼ぎたいならYouTubeを使うべき!

ここまでVimeoの魅力やメリットについてもお伝えしてきましたが、おそらく、多くの人にとってはVimeoよりYouTubeのほうがメリットが大きいと思います。

特に「これから動画投稿でお金を稼いでいきたい!」と思っているビジネスを始めたばかりの方にとっては、Vimeoへの動画投稿はメリットがないと言っても良いでしょう。

Vimeoでまともに動画投稿を行うためには月額料金を支払う必要がありますし、そもそもVimeoでは何回動画を視聴されても広告収入は入ってきません。

Vimeoの場合、マネタイズ(収益化)の方法は自分自身で別に考える必要があります。

 

その点、YouTubeは完全無料で動画投稿ができますし、1本の動画が爆発的に再生される可能性も高いです。

そして、大きな再生回数を得られれば、その再生が広告収入にも繋がります。

もしメインの目的が広告収入ではなく、「自分の商品・サービスに対して集客したい」、「自分の知名度を上げて有名になりたい!」といったものであったとしても、Vimeoと比較してYouTubeのほうが動画の拡散性が高いため、それらの目的を実現しやすいです。

 

ということで、動画を絡めたビジネスやマネタイズまでしっかりと考えられる場合はVimeoを使って動画配信を行うメリットも大きいのですが、気軽に動画を投稿して広告収入を得ていきたいのであればYouTubeへ動画を投稿することをお勧めします。

YouTubeについては正しいノウハウを学んで、正しい方向に取り組んでいけば、しっかりと広告収入を得られるようになっていきます。

そんなYouTubeで稼ぐための王道ノウハウは、下記の無料メール講座で詳しく学ぶことができます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ビジネス初心者でも稼ぎ始める人が続出!YouTubeで稼ぐ本物のノウハウを無料公開!!

 






  • 2019 03.25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

▼▼▼ 限定特別キャンペーン開催中!! ▼▼▼

このブログについて

2019年4月現在も5年以上ずっとYouTubeアドセンスで自由気ままにお金を稼ぎ続けている現役の動画投稿者です。
※ブログのTOP画像は“4年以上”となっていますが、気付いたら“5年以上”の実践経験になっていました。

このブログでは、私がまさに今現在も実践しているYouTubeアドセンスで稼ぐためのノウハウ・ハウツー・テクニック・思考など有料レベルの情報を公開しています。

月別で記事を見る