SEO研究予算が月間数千万円のSEO会社の話

この記事は2分で読めます

以前、私がインターネットの広告代理店に勤務していた時、

SEO会社と呼ばれるSEO専門の業者とも付き合いがありました。

 

で、その会社はなんでも、

SEOの研究予算を毎月数千万円とっているらしく、

それだけ力を入れて研究していると言っていました。

(もしかしたら、セールス上の営業トークだったのかもしれませんが・・・)

 

まぁでも、確かにその会社は

誰もが知っている超大手企業のSEOなどを請け負っていたので、

研究予算はそれなりにとって、試行錯誤していたと思います。

 

ただですね。

 

ペンギンアップデートとか、パンダアップデートとかが

あったときにどうなったかというと・・・?

 

それはもう有料リンクペナルティーの嵐でした。

ビックリするくらいに。

 

まぁその会社が悪いというよりは、

その当時はSEO会社から有料リンクを買っている企業は

ほぼ軒並みペナルティーを食らっていましたね。

 

当時、私が担当していたクライアントも、

ペナルティーを受けて、順位がダダ下がりしてしまったので、結構大変でした。

 

しかも、大抵のSEO会社が言っている

「契約中はリンクを張り続けるけど、契約が終わったらリンクをはがす」

というのはあくまでも建前であって、

実際はリンクをはがす作業は面倒なのでやらないことの方が多いと思います。

 

実際、過去にSEO会社と契約していた企業もペナルティーを食らっていましたので、

ペナルティーは過去のリンクが原因だというわけです。

 

まぁSEO会社自体が最近はだいぶ厳しいよねーという話は、

すでにインターネット業界では有名な話ですよね。

 

で、私が何を言いたいのかと言うと、

月間数千万円の研究予算をかけているSEO会社ですら、

Googleを騙すことはできなかったということです。

 

これ、どういうことかわかりますよね?

 

つまり、個人レベルで

「私はSEOのプロフェッショナルです!」

ってドヤ顔で言ってる方々って・・・って話なんですよね。

 

あくまでも、個人的な意見ですが。

 

まぁいずれにしても、

我々が個人レベルでサテライトサイトだとか言って、

外部リンクを張っているのは意味ないってことです。

 

検索エンジンのクローラーを誘導してインデックスを早めるとか、

そういった用途で使うのはありかもしれませんが、

外部リンク効果を求めるのは正直、微妙だということです。

 

いよいよ、そういった細々とした外部リンク対策とやらは、終焉ですね。

 

しょぼいサテライトサイトを作るくらいなら、

ページの更新頻度とページ内容の充実を図って、

質の高いサイトを作っていくことをお勧めします。

 






  • 2014 08.03
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

▼▼▼ 限定特別キャンペーン開催中!! ▼▼▼

このブログについて

2018年11月現在も5年以上ずっとYouTubeアドセンスで自由気ままにお金を稼ぎ続けている現役の動画投稿者です。
※ブログのTOP画像は“4年以上”となっていますが、気付いたら“5年以上”の実践経験になっていました。

このブログでは、私がまさに今現在も実践しているYouTubeアドセンスで稼ぐためのノウハウ・ハウツー・テクニック・思考など有料レベルの情報を公開しています。

月別で記事を見る