この言葉を使うと、仕事ができないダメ人間だと思われる…

この記事は2分で読めます

 

仕事ができない人間、人としてダメな人間がよく使う言葉として、

「遅くなりました。」という言葉があります。

 

例えば、外注先でも、顧客でも

仕事ができない人間は

こちら側の連絡に対して返信が遅くなった際に、

「遅くなりました。そちらに関しては~」

って感じの返信をしてきます。

 

ほんと、こういう人は多いですが、

こちら側からすると、

「遅くなったのは見れば分かるわ!!」

って気持ちになります。

 

貴方もご理解されている通り、そういうときは、

「遅くなってしまい大変申し訳ございません」が正しいです。

 

過去の経験上、ダメな人間ほど、連絡などが遅れた際に

「遅くなりました」という誰が見ても明らかな事象の説明しかしません。

 

別に、こちらはその言葉を求めていませんし、

見ていて不快な気持ちになります。

 

そして、上記のような人は、相手の気持ちを考えられないですし、

コミュニケーションが下手くそなので、

ビジネスで価値提供を行うことが非常に困難です。

 

どうあがいてもお金を稼げるようにはなりません。

 

ということで、メール1通、文章1文にも

人となりは現れます。

 

定期的にメルマガを書く習慣を持っている方などは、

やはり、この辺の言葉遣いがうまいですし、心地いいです。

 

よく自分自身で情報発信を始めメルマガを書き始めてから、

本業の仕事もうまくいくようになった

とかって話を聞くのは、

上記のような点に対して

今まで以上に気を使うようになるからです。

 

文章によるコミュニケーションは、

どんな業種・業態でも、どんな役職でも、どんな時代でも、

求められ続けるスキルです。

 

メルマガを書くときでも、

誰かにメールをするときでも、

友人にLINEをするときでも、

ぜひ、意識して文章によるコミュニケーションスキルを

高め続けていきましょう。

 






  • 2016 06.18
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

▼▼▼ 限定特別キャンペーン開催中!! ▼▼▼

このブログについて

2018年8月現在も4年以上ずっとYouTubeアドセンスで自由気ままにお金を稼ぎ続けている現役の動画投稿者です。まさに今も実践しているYouTubeアドセンスで稼ぐためのノウハウ、ハウツー、テクニック、思考など有料レベルの情報を公開しています。

月別で記事を見る