某保険相談サイトの「ブラックリスト様騒動」はビジネスの仕組みとして素晴らしい!

この記事は2分で読めます

 

先日、某保険相談サイトが一部のユーザーに対して、

「ブラックリスト様」という宛名で、メールを誤送信したそうです。

 

過去に「虚偽の申し込み」などを行ったユーザーに関しては、

ブラックリストとして管理されていたみたいですね。

 

今回、誤送信を行った宛先の方々は、

「ブラックリストではない」

と釈明を行っていましたが、実際のところは分かりません。

 

まぁ実際がどうかは不明ですが、

あなたはこの話を聞いて、どう思いましたか?

 

 

たぶん、私とあなたは同じ意見だと思いますが、

私は「ちゃんとした仕組みのある会社だなー」と思いました。

 

とは言っても、誤送信は頂けないので、

その点においては、ちゃんとしてない会社ですが・・・。

 

でも、

しっかりとブラックリストを活用し、

問題のある人物には、

かかわらないという方針を取っていること自体は、

素晴らしい仕組みだと思っています。

 

 

いや、普通に考えてみてください。

 

あなたも本業のお仕事などで、

「こいつぶっコロしてやりたいなー」

みたいな人間に遭遇することって、あると思うんですよね。

 

そういうお客さんとも呼べない奴らは、

徹底的に排除していったほうがビジネスが効率的に回りますし、

あなたもストレスなく、お仕事ができるはずです。

 

そして、本当に価値を提供するべき人格者であるお客さんに対して、

しっかりと価値を提供できるわけです。

 

でも、一般的な企業って、

あまりブラックリストとかがない会社も

意外とあるのかなーと思っています。

 

ただ、ネット系企業の場合は、

ブラックリストを導入している会社が非常に多いんですよね。

 

 

もし、あなたが

ネット上で何らかのビジネスを行う場合は、

こういった仕組みを絶対に導入するべきですし、

当然、私も取り入れています。

 

 

で、この話からも分かるように、

今の世の中、特にネットの世界では

マナーが悪い人やマインドが腐っている人は、

すぐにブラックリストに入れられてしまうので、

価値ある情報を受け取ることすらできません。

 

だから、価値を受け取る側、学ぶ側としても、

自分自身がブラックリストに入らないように

しっかりと気を付けていく必要があります。

 

まぁあなたは大丈夫だとは思いますが、

世の中には、お金の稼ぎ方を覚える前に、

日本語とマナーを覚えたほうがいいんじゃない?

って人が多いですからね。

 

 

ということで、

先の「ブラックリスト様」騒動で

外野なのにヒステリックに騒いでいる人たちは、

自分自身がそういうクソ属性なので、

騒いでいるんじゃないかなーと思います。

 

だって、あなたや私の元に

そういったメールが来たとしても、

「あー、単なる間違いね」

って思うじゃないですか。

 

それに対して、

「けしからん!」って怒っている人は、

自分がそういう人だと認めているようなもんだなーとも思うのです。

 

ということで、

あなたにとっては当たり前のことだと思いますが、

価値ある情報を受け取りたい!

学びたい!

と考えているのならば、

メールマナーやビジネスマナーは超ーーー気を付けるべきです。

 

私も未だに日々、気を付けています。

 






  • 2015 03.08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

▼▼▼ 限定特別キャンペーン開催中!! ▼▼▼

このブログについて

2018年8月現在も4年以上ずっとYouTubeアドセンスで自由気ままにお金を稼ぎ続けている現役の動画投稿者です。まさに今も実践しているYouTubeアドセンスで稼ぐためのノウハウ、ハウツー、テクニック、思考など有料レベルの情報を公開しています。

月別で記事を見る